大工求人や土木建設業界で大活躍~今後の日本を背負う~

男の人

実際のメリット

面接

さて、施工管理技士の資格の難易度の高さと、それに付随するメリットについても紹介しました。しかし、実際どれほどの資格取得のメリットがあるのでしょうか?今回は、そんな資格の実際のメリットについて紹介します。まずは、この施工管理技士という資格保有者は、土木建築関連の事業者にとって必須の存在であることを認識する必要があります。工事を行う際に、この技術士の資格保有者が配置されているかかが、確認されるからです。また、工事の種類によっては取得しやすいものだったり、難関なものだったりが混在しています。しかし、いずれにしてもどんな工事であれ、この資格は重宝されるので土木関連の求人に応募する際は、非常に有用な資格となるでしょう。1級と取得すれば、監理技術者になれますし、2級の場合は主任記述者として公的に認められます。資格を取得するまでに、多くの知識と経験が必要とされるので、いずれにしても難関ですが取得するだけの価値があります。有資格者は、転職市場でも活躍できる公算が強いでしょう。これからの建築業界にとっては、人材が不足していることもあって、とても重宝されるでしょう。

さて、施工管理技士とはどんな資格なのでしょうか?今回は、そんな疑問に答えるべく資格の概要について紹介します。土木工事といっても、色んな工事が存在します。河川、道路、ダム、トンネル、港湾、などの種類があります。いずれも、人間が文化的で安全な生活を営むためには必要なインフラ整備の工事です。