大工求人や土木建設業界で大活躍~今後の日本を背負う~

男の人

土木業界の今後

男の人

これからの土木建築業界について紹介します。今までの土木建築業界は、一部マスメディア等で執拗なバッシングにさらされてきました。中には妥当な内容もあったのかもしれませんが、それでも行き過ぎな面は否めないでしょう。このような執拗な土木たたきによって、何が起こったのかというと、業界全体の規模が収縮してしまったのです。ですが、そんな規模収縮に歯止めがかかりつつあります。現在、東北では建築事業者が全力で復興にあたっていますが、供給力が足らない状態が続いています。つまり、人も重機も資材も足らないという状態なのです。つまり、デフレの日本の中でも土木建築業界は、見事デフレからインフレへと転換したのです。ですが、この状態は逆に危機でもあります。東北復興に加えて、さらに日本全国の耐震化やメンテナンス、東京五輪などが控えています。これらの実現のためには、おおくの現場で多くの土木建築事業者が活躍する必要があるのです。従って、それらの現場を統括する施工管理の求人は、おそらくどんどん増えていくでしょう。これから資格を取る人はもちろん、以前施工管理の業務をしていて現場を去った人も是非この機会に復帰されてはいかがでしょうか?

このような建設業者は、営業所や工事現場ごとにその規模に応じて技術士を配置する必要があるのです。今後、色んな土木現場が新たに創出されることを考えれば、施工管理技士の資格は非常に有用なものでしょう。