大工求人や土木建設業界で大活躍~今後の日本を背負う~

男の人

資格で有利

握手

施工管理技士の資格が、これからの建築好況を考えれば非常に有効だということを紹介しました。しかし、資格を取得するためには、その資格に必要とされる能力等を知る必要があります。この資格試験を受けるには、まず高卒以上の学歴を有していて、土木工学を専攻している必要があります。土木工学を学ぶにあたって、現場や研究室で色んな経験を積んでいくのですが、ここで必要になる知識はとても多いのです。その一端を紹介すると、構造力学、土質力学、コンクリート工学、土木工学等の知見が必要になるのです。さらに、工学の知識だけでなく、建築に関わる諸法令にも明るくないと試験を突破できません。従って、建築業法や、労働基準法、労働安全法などの労働諸法令も学習しておかないといけません。これらの知識をもった技術者や現場主任が、うける検定試験が施工管理技士なのです。公共事業では、入札条件にこれらの検定試験を合格した有資格者の現場配置が義務付けられています。試験の突破には、それなりの努力が必要なものの、とってしまえばとても便利な資格だといえるでしょう。

土木工事には、計画、工程管理、安全管理などの配慮がないといけません。この計画から工程管理、安全管理を担うのが、施工管理技士の仕事です。施工管理技士の資格には二種類あります。1級と2級とがあり、1級の方がより難関の資格となっています。これらの資格を取得するには、国家試験に合格しなくてはいけません。この資格の大事なところは、建設業法によってその資格保有者が現場に配置されていなければいけないということです。